ひぐらしのそば

ひぐらしのそば

ベースの"蕎麦”は、八ヶ岳産のあらびきの蕎麦粉を使用。
ひぐらしの蕎麦は、ほのかで繊細な蕎麦の香りを100%味わえる”十割蕎麦”へ辿り着きました。
風味豊かなひぐらしの蕎麦をご賞味ください。

そば

ひぐらしのオリジナリティ

蕎麦の基本を大切にしながら当店ならではのオリジナルにもこだわる。
より多くの方に蕎麦の美味しさ、おもしろさ、楽しさを感じていただけたらと思います。
パクチーをふんたんに使った蕎麦などは女性の方にも人気があったり、ジェノベーゼの蕎麦はまるでパスタのような感覚。
ただし、いつも基本は大切に。

  • トマトそば
  • ジェノベーゼ
  • パクチーそば
  • 昼のひぐらし
  • 夜のひぐらし

そばと日本酒

「下り酒を猪口ですっと傾ける。」

この所作が江戸時代では粋とされていたそうです。
当時は、旦那様(御家人)が通うハレの蕎麦屋には旨い酒、肴があるということで、蕎麦屋酒が一般化されていきました。
「そば前」とは、蕎麦屋におけ蕎麦屋ならではの肴と一緒に飲む日本酒の別称。
言葉通りそばを食べる前に軽くつまんで飲むことをいいます。
かの有名な文豪池波正太郎は「蕎麦前なくして蕎麦屋なし」と、そば屋で下り酒を猪口ですっと傾けながら過ごす時間を大切にしていたようです。

※下り酒・・・江戸で飲まれていた日本酒の多くは奈良や大阪、兵庫などのお酒で、その上方から運ばれたお酒ということで下り酒と呼ばれたそうです。

イラスト

ひぐらしのそば屋酒

江戸時代からの粋な文化を感じなが旨い肴と日本酒をお楽しみください。
昼から一杯一人飲み。
参拝の前に腹ごしらえ。
成田観光の帰りに〆を。
時代は移り変わりますが、この粋な過ごし方は変わらないと思います。
そこに、当店ならではのオリジナリティを加えます。
少しでも楽しんでいただけたらと願うばかりです。

日本酒注ぐシーン

うまい酒にはキチンとした肴を

牡蠣とピーマンの天ぷら

蕎麦前の肴の代表的なものといえば、蕎麦がきやだし巻き玉子、板わさなど。
旨い日本酒と一緒にちびちび食べられるつまみが好ました。
当店の肴にも少しオリジナリティを。
例えば、蕎麦がきはチーズを使ったミルク蕎麦がき。鮮魚は千葉の漁港から仕入れる鮮度の高いものを。
是非ご賞味ください。

熟成日本酒

店主の厳選した日本酒をじっくり時間をかけて熟成。
熟成日本酒とは、じっくりと熟成させて日本酒の持つ特有の旨みを引き出したものです。
少し空気に触れさせた後しっかり栓を閉じ、常温で長期間保存することにより、 アルコールの角がとれてまろやかになり、より一層味わい深い一杯です。
そばとの相性がとても良い日本酒。
お酒と一品料理を堪能し、そばで〆る。
是非。

日本酒

そば屋の粋な楽しみ方

昼のひぐらし

夜のひぐらし

Top